ドラ麻雀(DORA麻雀)の参加費・場代(レーキ)

ドラ麻雀は無料でダウンロードしてプレイできるオンライン麻雀です。

 

「練習モード」「無料卓」「参加費無料トーナメント」など無料でも十分遊べますが、お金を賭けた対局に参加する場合には「場代(レーキ)」を支払う必要があります。

 

ドラ麻雀はこの様な参加者からの場代(レーキ)を元に運営されています。つまり運営の仕組みは雀荘と全く同じですね。場代はさほど高いものではなく、雀荘と比べてお得な料金になっていると言えます。

 

 

 

ドラ麻雀の場代(レーキ)概要

 

ドラ麻雀の場代は、プレイヤーの賭け金の10〜15%です。

 

実際にお金を賭けた対局に参加する場合、まずは参加する卓を選びます。

 

有料卓は卓毎にレートが決まっていて、それが賭け金(レート)です。一番安いレートの卓は「$0.50」、高いもので「$64」。プレイヤーは賭け金を支払って有料卓に参加し、対局終了時に、動いたお金の10〜15%が場代となってドラ麻雀に支払われます。

 

場代は「プラスになった勝者の利益」から支払われます。
つまり「勝者のプラス分の10〜15%」がドラ麻雀の場代(参加費)と言えます。

 

 

分かりやすく、「レート100円卓」と仮定して考えてみましょう。

 

この場合4人のレート合計は400円、低レート卓での場代は10%なので、この卓の場代は「40円」となります。

 

つまりレート100円の卓での賭け麻雀では、
「40円」 → 場所代としてドラ麻雀に支払われる
「360円」 → 得点に応じてプレイヤーに分配される
という計算になります。

 

 

 

 

場代(レーキ)はプラスになった勝者のみ払います

 

上にも書きましたが、場代はプラスになった勝者の利益の中から支払わます。ですのでマイナスになった人は場代を払う必要がありません。

 

ドラ麻雀の場代
プラスのプレイヤーの支払い : プラス分の10〜15%
マイナスのプレイヤーの支払い : なし

 

 

雀荘で意外に痛いのが場代の支払いです。実際に雀荘で半日くらい麻雀を打った場合、買っても負けても場所代として1000円〜2000円は飛んでいきますので。ドラ麻雀では負けた上に場代まで徴収される、という二重苦がありませんし、勝った中からほんの10%程度ですかから、リスクなく麻雀ができるシステムだと思います。

 

次の記事にレートに応じた実際の精算方法に関してもう少し詳しく述べます。